読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おかわり

たーんとおたべ

わたくしとパソコン

こないだPTAのベルマーク集計のために学校へ行ってまいりました。
作業途中、番号別の集計用紙が足りなくなって、あらどうしましょう‥‥とみなで困ってたら、六年生のおかあさんが「わたしつくったるわ〜」と備え付けのパソコンとプリンターを使ってパパパ〜っと作ってしまいました。すげ〜!かっけ〜!「置き土産に」と、データをexl‥‥違うxlsのファイルとして保存してくれたので、これからは安心です。あたしもあんなん出来るようになりたくなった。将来役立つのかどうかは全然わからんけど、かっこよかったので、ちょっと勉強してみる。‥‥こんなん、ほんま好きやな、わたし。

好きだけど教えてくれる人いないんで、本買ってきて「ああでもないこうでもない」ってパソコンいらうけど、好きじゃない人から見たらアホみたいなんでしょうね、多分。近所の奥さんがパソコン購入前に「おかわりさんとこはパソコン、なんに使ってるの?」と聞いてきました。「ネット見たりゲームしたり音楽聴いたり、あと‥‥」そこまで聞いて、スキルアップ以外のことにパソコンを使用してる人間に興味はない、みたいな反応だったので、まあいいやと思いました。ちょっと馬鹿扱いされた気がしたけど、ほんと遊びにしか使ってないから、えへへごめ〜ん(^^;)と思いました。その方は「再就職に必要かと思って」とおっしゃっていました。で、パソコン購入後、タッチタイピングがどうとか、ワードがどうとか、パソコン市民講座に通ってるの!とかおっしゃってました。わー、えらいなぁすごいなぁ‥‥といいながら小一時間。で、今現在はというと、再就職もしてないし、スキルアップもしてないみたいで、結局全然パソコン使ってないみたいです。ちょうもったいないです。その方にこないだ「パソコン教えて欲しい」って言われたんで、何がしたいの?ってきいたら「何がしたいのかわからないけど、『パソコンを』出来るようになりたい」ってさ。
うちほんまによいわんわ。
パソコンは、ただの道具なのに。それを使って「したいなにか」をするための物なのに。そしてパソコンは、その「したいなにか」を教えてはくれないのに。

親記事→ものぐさ言行録 日本語とパソコン