読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おかわり

たーんとおたべ

本を読むひと、読まないひと

トークタイム

星新一 一〇〇一話をつくった人

星新一 一〇〇一話をつくった人


これが金魚の水槽の横っちょに置きっぱなしにしてあるのを友達に見つけられた。再読してたとこなんだよね、おもしろくて。「ぶっとい本、読むんだね〜‥‥」っていわれておもわず、他に本置いてないか、あんま見られたくない本(『論座』とか『WILL』とか、みゆきさんのエッセイとか。)がないか、すばやくチェックしてしまった。『魔女の宅急便5』しかなくて、ホッとした。ホッとしてたら「字がいっぱいやな〜すごいな〜えらいな〜あたし本読まないから〜」っていわれて、困った。あー恥ずかし。
本なんかさ、読まなくていいんだよ。その人がおしゃべりの場で、交わされる小さな会話において、ときどき潜んでいるペーソスを正しく感受できるひとであれば。そしてそのようなペーソスを、ユーモアを交えて滲ませることができるひとであれば。本なんか、そのひとには必要ないんじゃないかな。「あたし本読まないから〜」っていってたそのひとは、それをとても上手にできる、素敵なひと。