読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おかわり

たーんとおたべ

小林よしのり「天皇論」を語る

やってくれるねチャンネル桜
うごいとるうごいとる!

これ、桜の公式なのかな?
プレゼントはよしりんサイン&イラスト付き「天皇論」。
ほすぃ‥‥。
後半もあるらしくて、あらどうしましょう‥‥。
でも3000円かぁ。
‥‥よしりんの回だけでいいから500円ぐらいで販売してくれないかしら。
1000人みたら、え〜っと、500000円のもうけ。
ちなみに非公式だと思われるニコニコだと、コメント多すぎて内容観てられない!(^^)
でもおもしろいから一応アドレス↓をば。
http://www.nicovideo.jp/watch/sm7713955
マニアは消される前に観れ!
よしりんかわいいよよしりん


ゴーマニズム宣言SPECIAL天皇論

ゴーマニズム宣言SPECIAL天皇論


高森先生が「差別論」について触れてくれたのがわたしはとても嬉しかった。
ゴーマニズム宣言差別論スペシャル

ゴーマニズム宣言差別論スペシャル

なぜというに「天皇論」を読むと、一番最初のゴーマニズム宣言スペシャルである「差別論」について小林よしのりが真摯に考え続けていたという事がよくわかるから。アイヌや沖縄について描かれた回にもよく現れていた。あと、番組中、この本を読んで帰化しようと思った、という内容の在日の読者からのはがきが紹介され、その流れで「嫌韓論」周辺の話になるところも感じるところがあった。
マンガ嫌韓流

マンガ嫌韓流

「在日在日っていうけど、わしだって博多出身やし渡来人とか長いスパンでみれば韓国由来かもしれんし、南方由来かもしれん。しかしそもそも日本人は、そういう歴史の長い、懐の深い民族じゃないか」という話を、よしりん、最近よく描くから。この考え方はわたしには衝撃だった。ガーン!ってきた。現代の差別はさ、目に見えて貧乏とか、そういうのじゃないじゃない。感じ方の問題が大きい。だから、こういうダイナミックな発想の転換でこそ、解消できるんじゃないか、という。すごい。ほんとにすごい。「戦争論」、そこから派生した「嫌韓論」、そしてその弊害へ訴えうる理論についても考え続けていたんだ。その場その場でうまいこと言ってるだけじゃない。いろんな理由で差別を存続させたい人たちは、確実にいる。けど、よしりんは差別について考えつづけ、ついに差別を消化した!‥‥なんていう風に「天皇論」のサイドストーリーとして読んで勝手に感動してた。ゴー宣は大長編マンガなんだ。みんな、ちゃんと気づいてる?
よしりんの、比較文化論が読んでみたい。