読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おかわり

たーんとおたべ

私から公のにおいがする時

にっき トークタイム

こないだ、夕方に小2の長男をスーパーまでおつかいに行かせました。
15分ほど後、タマネギを持って、帰ってきました。
「おおきに、おつかれさん」と声をかけ
おつりとレシートを受け取り、確認すると

200円しか渡してないのに
298円のタマネギ買うてる‥‥!
????
あんた、これどないしたん?と訪ねると
「100円、足りんかってん。
 どうしようかなと思ってたらレジのお兄ちゃんが
 『ちょっと早いけどお年玉やで』って100円くれてん」
どうやらお兄ちゃん、おつかいに来たちっちゃい子を
寒くて暗い中で100円取りに帰らすの
かわいそうに思ってくれたようです。
ラッキー♪
‥‥ちがうちがう(^^;)
翌日、お礼を言いにスーパーへ行き、
ちゃんと100円お返しいたしましたよ!
粋なコトする兄ちゃんやけど、
こんなコトばっかりしてたら損しないか、おかあちゃん、ちょっと心配。
粋な人って、お金ない事が多いのは、気のせいかしらん。
でも、そういうヤツって、わたし好きなんだ。
プライベートなシーンにおいて
平気で損出来るヤツって、なんか信頼できる。
そういうヤツって
イザ!というときにも、平気で損をとって筋を通しそうな予感がする。
仲間を守ったり、みんなのために動いてくれそうな
そんな期待を持って見てしまう。
私的なシーンでの『粋』って
公のにおいがする。
本当の意味でかっこいいっていうは
そういう事なのかもしれない。





今年もよろしくね!