読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おかわり

たーんとおたべ

木更津キャッツアイ ワールドシリーズ

テレビ

観た。

なんだこれ。

 

木更津キャッツアイワールドシリーズ 通常版 [DVD]

 

3年という月日は、

実感よりもずっと遠い所に私たちを連れていく。

 

ついこの間、すぐそばのようなのに

もう全然違う風景だ。

日常は少しづつ動くから、自分ではその距離に気がつかない。

 

何かの拍子で「3年前」と「現在」のその遠さに気づいてしまったとき、

余りの遠さに最初驚き、

落ちついたころに、もうあの場所へは二度と帰れないのだということを

悲しく寂しく実感する。

 

あんなに普通だった日々は、もう既に普通ではない。

ステージは変わり、舞台装置は入れ替えられ、

登場人物は一変しないまでも衣装替えしている。

 

もう二度と登場しない人物もいる。

 

時がとまってしまったぶっさんの

「でも絶対、敬遠はしねーぞ!!!」

という心意気や、

ホームランボールを追いかけて草むらの中に消えていった姿は、

生きていく限り、どんなに年をとっても忘れてはいけないと思わされました。

 

大げさな美辞麗句だけが人の心を打つのではない。

大きな打ち上げ花火だけが賞賛に値するのではない。

小さな普通を積み重ねて生まれるアフォリズムも存在する。

そうやって、人の心の中に何かを残すことが生きるということなら、

何と美しい生、普通であろうかと。