読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おかわり

たーんとおたべ

遠景

今週のお題「一番古い記憶」

幼稚園入園前、3歳ぐらいだと思います。
文化住宅に住んでいたのですが、
そこの風景を結構しっかり覚えています。

どれが一番古い記憶なのかは定かではありませんが、


日曜の夏の夕方、父と風呂あがりに大相撲中継を見ていたときのこと。

風邪を引いた妹に、母がクッキーサンドというアイスを買ってきたこと。
私には何もなかったこと。

私が風邪を引いたとき使った氷枕が、氷でゴロゴロしていたこと。

家の前の植え込みでダンゴムシをひたすら探していたこと。

近所の子の家に遊びに行ったとき、
牛乳パックでつくった車があって、その出来ばえにとても感心したこと。

住宅の階段を裏側からうんていの要領で登っていき、
途中で怖くなって、動けなくなって、
「お母さーん!」と泣いて、最後落ちたこと。

生協の牛乳を試飲して、余りに濃くて舌にカスカスが残って、
非常に不快だったこと。

夕飯のつけ合わせのキャベツがいつまでたっても飲み込めず、
ただただつらかったこと。

セーターのインディアンのアップリケ。

近所の池にいつも浮かんでいたヨーチンの茶色い容器。

 

成人後、結婚前に思い立って久しぶりここに行ってみて、
思っていたよりも住宅が小さいことに驚きました。
室内に入ることはもちろんできませんでしたが、
テーブルなどは見上げる形で記憶しているので、
やはり驚くんだろうなと思います。

 

たくさんの甘い記憶。
愛された記憶。
悲しかったり、怖かったり、楽しかったり、驚いたり。
自分の子どもたちは将来どのように今を思い起こすのでしょうね。

 

いつか、今のこの日常が遠景になる日が来るというのは、
本当に不思議な思いです。
大切にしようと思います。