読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おかわり

たーんとおたべ

桜とかもっととか

aikoの「もっと」、やばくないですか。

 

もっと(初回限定仕様盤)

もっと(初回限定仕様盤)

 

 

aikoは別離の歌を歌わしたら、絶品やなと思う。

 

生生しいのに嫌らしくない。

儚いけど女々しくない。

セクシュアルなのにドロドロしないのは、

溺れつつも理性というワンクッションがかましてあるせい。

綺麗なのに生生しいのは、

自分のハートから離れたことを歌わないせい。

aikoという楽器は、こんなに切なく鳴るものなのかと、

ただ神様に感謝した。

ありがとうありがとう! 

 

こないだテレビでaiko

「おすすめ桜ソング」か「春ソング」か「卒業ソング」だかを紹介してて、

何曲目かに渡辺美里の「彼女の彼」って言うてはったんやけど、

あれって多分「さくらの花の咲くころに」の間違いやんなぁ。

だって「彼女の彼」は、思っくそ夏やん?

と思って、でもちょっと不安になって調べたら、やっぱり真夏でした。

同じアルバム「ribbon」収録の曲やから間違ったんかな??

 

何にしろ、aikoが美里聞いてるのって何か意外で、

あと、こういうところで美里の曲を挙げるのは

素直にちょっとうれしかった。

 

私は美里で桜やったら、やっぱり「卒業」やなぁ(^^)