読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おかわり

たーんとおたべ

いつか私の心の中で琥珀のように結晶する日まで

こないだ、雨の日に友達と一緒にしゃべりながら歩いていました。
突然降りだした雨だったので、私は傘を持っていなくて、
その友達の傘に入れてもらいました。
少し年上の彼女とは久しぶりに会ったので、
お互い近況などを話しながら歩いていたのですが、
突然、隣で「!!」となって立ち止まり、
「ぴろちゃん、ほら、これ見て!わー、すごーい!」
って色めき立ったので、何事かと思って指差すほうを見たら、
すごいでっかいカタツムリがうねうねしながら歩いていました。
「カタツムリなんか見たん、久しぶりやわー、見て見て、
 大っきいなー、わー!わー!」
って、きれいで落ちついた、大人な女の人が喜んではる。
ああ、ほんまやねぇ……って相槌打ったけど、
私、あんたのほうがおもしろいわ、と思いました。

ええもん見た(^^)

無防備に誰かに何かを伝えるとき、
誰にも言えなかったことを打ち明けてみたいとき……
その誰かに選ばれたとき。
どうしよう……と戸惑うけど、
それ以上に、私はやっぱりうれしい。


絶対忘れないように、ここに書いとこ。