読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おかわり

たーんとおたべ

ごめんね青春!ドアをノックするのは誰だ?

ごめんね青春!見てます。

めっちゃ見てます。


日曜劇場『ごめんね青春!』|TBSテレビ

 

来週、最終回だったのに衆議院議員総選挙で延期。

再来週になりました。

ほんま、安倍ちゃん余計なことするわ。何してくれてるの!

してもせんでもええ選挙!あほー!早よ見たい!!

 

久しぶりにリピート視聴しているドラマです。

特に第8話、第9話は、何度見たことやら。

 

萌えがとまらないので、感想を書きつけておきます。

 

 

蜂矢先生は、最初ちょっと 苦手でした。

なのに、何これ。今は大好き。

7話の怒鳴られてびっくりするシーン、

8話の理事長へのタンカから、平助への告白シーン、

で、今回9話の「全然楽しくない」、寝袋、そして、ラスト屋上シーン。

回が進むたびに好きになる。

 

激しくて、奇天烈で、

強引で、純情で、

そして、真っすぐで、ひたむきだ。

 

ずっと閉じていた平助の心もぶち破るほどに。

 

たくさんの感情を、

強さゆえに自分の中にしまい込むことのできるりさ。

そんな彼女が、「全然楽しくない」のところで、

今までどこにも吐き出したことのなかった言葉を平助にぶつけた。

ラストの屋上シーンでは、平助の火事についての告白を聞いて、

「姉が」「父が」とは言っても、自分のことは何一つ言わない。

自分も辛い目にあっているはずなのに。

 

不器用でやさしい。

かなり奇天烈だけど。

それが、すごく刺さる。

ギューってしたくなる。

したらどつかれるんやろうけど。

 

平助が、「まだ理由はわからないけど」と言っていたけど、

何かを話すときに、

「今まで誰にも言うことのできなかったこのことを、

 今、初めてこの人になら伝えてみたい」

と思ってしまう相手というのは、

まごうことなく「好きな人」なんだと思う。