おかわり

たーんとおたべ

ちょっと前の母の日の話

「母の日過ぎたけど、母の日のご飯おごるわ!」と娘から連絡がありました。
「12時に予約してるから、来て!」とのことなので、お店に行きました。

 

12時で予約している者ですがとお店で伝えると、「?」みたいな反応だったので、娘より送られてきた予約メールを確認したところ、予約していたのは埼玉県の同名店舗でした。現在、我々は大阪南河内……
埼玉県のほうは、キャンセルの旨電話しました。「間違えました、遠くて間に合いそうにありません」と伝えたら笑ろてくれはりました。すみません。

 

まさかのうっかりにサプライズしつつ、タダ飯喰らいました。
おいしかったです。

 

f:id:hiro-okawari:20210512123330j:plain

コース

 

 

f:id:hiro-okawari:20210512124913j:plain

ミニ冷麺

f:id:hiro-okawari:20210512123029j:plain

牛たたき

 

私信 若かった私へ

「漫画が好きだから漫画を描く人になりたい、けど、実現不可能だろう、せめて絵を描く仕事をしたい」、そんなふうに思っていた。かなわないって思い込んでいた「漫画を描く人になりたい」は一瞬かなうよ。でも、かなったそのとき、既に灯は消えていて。ただ、立原あゆみ先生が私にくださった「絵は95点、ストーリーは5点」という課題だけが25年間、ずっと宿題だった。忘れたこと、なかった。どんな本を読んでも、映画を見ても、ずっとずっと。

私は、宿題を渡されてから、恋を知って、愛されることを知って、人の優しさ、不可思議さ、おもしろさを知って。仕事をすることの楽しさ、厳しさ、かけがえのなさを知って。今、やっと宿題の答えが出つつある。

「絵を描く仕事をしたい」、その夢も、もしかしたらかなったのかもしれない。描いているのは、ひたすらキュービクルの図面で、描くツールはjw_cadだけど。

人生は、長くて、とても短いんだってことをやっと知った。遠いようで、いつだってとても近い。だから、どの瞬間も一生懸命生きなくちゃいけない。死んでしまった人たちに申し訳ない。いつか息絶えるその瞬間まで、全力で。

 

 

 


www.youtube.com

我が子の引っ越し手伝った

今春、我が子が就職し、
寮で独り暮らしを始めました。

 

**********************

 

3月に入ったぐらいから、
この子、買い物とかいつするんやろな~……と眺めていたのですが、
3月28日に「お買い物、行こ!」と誘われ、
直後、私のスマホがポキポキ鳴り出し(LINEの通知音)、
URLがたくさん送られてきました。

「これ、どっちがいい?
 買ったら、今から言う住所に送って!」

……極めて現代的な「お買い物、行こ!」でした。

 

あたしゃ全く構わないのですが、
家電、このタイミングで買うんや、大丈夫かいな……と思いつつ
ジョーシンニトリのサイトをポチポチしてましたら、
たくさんお知らせメールが届きました。

 

「シーリングライトお届け日 4月4日(日)」

 

え?あんた就職4月1日やろ、
3日間、暗闇でどないするんやろ笑笑……とか思いつつ、
お届け日だけ知らせて放っておきました。

 

そしたら、こんな画像が届きました。

 

f:id:hiro-okawari:20210407165256j:plain

 

f:id:hiro-okawari:20210407165319j:plain

 

「段ボールは便利!」とのこと。

たくましく育って母はうれしいです。

 

この間、新居を見に行ってきました。
シーリングライトは既に設置されていました。
届いたものの取り付け方が分からず
夫が出動していたらしいです。
優しいなぁ。
テーブルが届くのは、オーダー品のため5月初めになるらしいです。

「テーブル(仮)に何か絵を描いて!」


とマッキー黒を手渡されたので、
未来少年コナン」のコナンとラナを書きました。

f:id:hiro-okawari:20210407165257j:plain

f:id:hiro-okawari:20210407165326j:plain


これからもコナンたちのように
明るく朗らかに、たくましく生きていってほしいです。

 

お題「#新生活が捗る逸品」

aikoの「ハニーメモリー」を聞いた

買いました。
そして聞きました。
正しくは、だいぶ前からずーっと聞いています。

ハニーメモリー[初回限定仕様盤]

ハニーメモリー[初回限定仕様盤]

  • アーティスト:aiko
  • 発売日: 2020/10/21
  • メディア: CD
 

open.spotify.com


カラオケで歌いたくてしゃーなくなったので、何度か練習に行きましたが、まあ難しい難しい。 男の子っぽくさらっと、べちゃっとさせず、でも、「恋をしたのは」みたいに純情な感じで……ってイメージしたんやけど、無理。音追いかけるので精いっぱい。やっぱaikoは歌うまいな……って実感しました。


**********************
「ごめんね」

この部分、個人的に私の知ってる「ごめんね」でいろいろ思い出してしまいました。
関西なまりのアクセント(たまたまやと思うけど)もそうやし、独り言みたいなつぶやきもそう。

あの日聞いた私の「ごめんね」。
決して取り戻すことがかなわなくなってしまったことたち、あのとき言えずに飲み込んだ言葉たちは、まるで宝箱に詰め込んである宝石のようで(開けるたびに後悔と未練で泣きたくなるけど)。そんな自分だけの秘密の宝石を幾つ持ってるかで、人の魅力って決まるんじゃないかな……なんて思います。
苦い思い出に浸る、甘い真夜中。


 **********************

rockinon.com

この記事、短いけどおもしろかった。
あー、コロナと引っ掛けてるんや……気づかんかった。

 

**********************
「洗面所」って歌もあるから聞くよろし。

open.spotify.com

 

 

お題「捨てられないもの」

マカロニえんぴつの「溶けない」


マカロニえんぴつ「溶けない」MV

http://macaroniempitsu-tokenai.com/

ずっと続くなんてやっぱり思えない
そんな胡座はかけないし
かくようなずぼらはしたくない

ただ少しでも長く続けばと
かなうなら
この世から去るときまで
最後の一息を吐く瞬間まで続けばと
無駄な努力と知りながらも
必死で
無心に
優しさや悲しみを歌いながら
怒りや喜びをぶつけ合いながら

結び目はどんなに固くしたつもりでも
すぐほどけそうになるから結い直す
何度も
何度でも

WordやExcelのファイルを開こうとしたら「ファイルが見つかりません」と出て困ったけど割とすぐ直った

先日Window10を更新したら、
今朝WordとかExcelが開かなくなってとても困りました。
今日中の仕事いっぱいあるねん……

死ぬほど焦りましたが、
結構簡単に直ったのでメモを残しときます。

 

**********************

【症状】

・ファイルのアイコンをクリックして開こうとしたら、「ファイルが見つかりません」というエラーメッセージが出る。

・そもそもWordやExcelが立ち上がらない。
 アイコンクリックしてもスタートメニューから開こうとしてもパソコン沈黙。

 

【直し方】

(1)画面左下のWindowロゴの横っちょにある検索ボックスに「Word」と入れる

(2)「開く」の下にある「く」のとんがったとこが下向いてるやつを押す

(3)歯車マーク「アプリの設定」を押す

(4)「修復」をクリックしてしばし待つ

 

Excelも同じ方法で直りました。

ちなみに、長い間WordとExcelのファイルのアイコンが白い四角「□←こんなの」になっていたのも直りました。

 

とても簡単でした。
私でもできました。
ぜひお試しください。

aikoの配信「Love Like Aloha Memories 砂浜に持って行かれた足」を見た


aiko.lnk.to

 

結局4回しか見ていないんですが、とてもよかったです。

短く感想。

 

一周回って「KissHug」がめちゃめちゃよかったです。できれば晴れてて、乾燥しててほしかったし、夕日で金色になっててほしかったですが、そんなことはもういいです。よかったです。

 ところで「KissHug」って、まだ別れてない歌なんですね……

めっちゃ勝手に勘違いしてました。すみません。あー、恥ずかし。音の印象で圧倒的な独りぼっちをイメージしてしまってました。ヒリヒリするような独りぼっち、「あなたの影」、「カゲロウ」にも通じる「証」の手応えのなさ……

aikoの恋愛、付き合っててもこんなふうに強烈に不安なんかな、それでいて、夏の乾いた道で静かにひとり再確認するような、未来が不確かでも、あなたの心を縛ることができなくでも、自分自身の感情を信じていこうと決意するような、そんな情熱的な感じなんかな。

ああ、こんなふうに味わう歌やったんやなぁ……ってかみ締めながらビール飲みました。ええ歌やなぁ……知らんかった。aiko、ごめん。

 

「KissHug」のすばらしさを理解したという個人的な気づきのほかに、「ライブ」のすばらしさも強く心に刺さりました。生物としてのaikoの美しさ、愛らしさったら。aikoと客席とのやりとり、花火、ライト、男子、女子、そうでない人、みんなみんなaikoの音楽で一体となり、愛に充溢されているあの空間の全てに泣かされました。

 aikoの紡ぐ恋愛の歌って、ライブ会場では観客一人ひとりへのエールであり恋文なんやなぁって、「それがラーイブ!!」ってそういうことなんやなぁって、めっちゃええなって思いました。 

 

最後「キラキラ」で締めたんにも泣かされたよ。この時期、この瞬間、乗り越えていこう。

 


 

aiko.com

 

サイトにつながりにくくて焦りましたが無事購入完了ました。